事件・事故

丸山大輔容疑者(長野県議)生い立ち「化けの皮はがれる」塩尻市県議妻殺害

事件・事故

11月28日、長野県議会議員で笑亀酒造 社長の丸山大輔(48)容疑者が去年9月に自宅にて妻である丸山希美さんの首を絞め殺害した容疑で逮捕されました。

丸山大輔容疑者は奥さんの一周忌にインタビューを受け「犯人は自分から早く出てきてほしい」「真相を知りたい」などと答えていました。

この記事では容疑者の生い立ちについて調査していきます。

丸山大輔容疑者生い立ち・経歴

  • 長野県塩尻市で産まれ
  • 塩尻市立塩尻東小学校
  • 塩尻市立塩尻中学校
  • 松本深志高等学校卒業
  • 代々木ゼミナール本部校
  • 慶応大学経済学部卒業
  • 東京で会計士の勉強中、2002年2月16日 先代社長が急逝
    翌、17日母親に断られたため、笑亀酒造の社長&杜氏に就任
  • 2011年 (株)しおじり街元気カンパニー代表取締役
  • 2013年度(公社)塩尻青年会議所第45代理事長
  • 2015年 長野県議会議員(1期)
  • 自由民主党塩尻市支部支部長
  • 2016年度  長野県議会県民文化健康福祉委員会 副委員長
  • 長野県議会 農政林務委員会 副委員長
  • 自民党県議団所属 長野県議会議員(2期)
  • 県会総務企画警察委員長
  • 2022年9月 笑亀酒造株式会社 会長
  • 2022年10月23日長野県議会議員3期目の出馬を表明

ずくラボのインタビューで、子供の頃は母親が大変厳しかったので家ではイイ子。学校では先生に怒られてばかりだった。

小さい頃は、なんとなく医者になりたかったと答えていました。

幼少期から内と外で上手に顔を使い分けるのは得意だったようです。先生と呼ばれる職業には就けたということですね。

追記|丸山大輔容疑者 塩尻市の生家「国の有形文化財〜笑亀酒造」

笑亀酒造文化財

丸山容疑者が生まれ育ち、受け継いだ笑亀酒造は明治16年に創業。主屋・造蔵・穀蔵の3軒は国の登録有形文化財として登録されている歴史ある酒蔵です。

笑亀酒造主屋

笑亀酒造蔵

歴史ある酒蔵の家に生まれ、母親に厳しく育てられた丸山容疑者。常に”酒蔵のせがれ”として顔が知れていたと想像できます。

家では良い子だったという丸山容疑者。学歴から地頭も良かったことが伺えますので、家やご近所では怒られないように愛想よく立ち回るのが上手になるのは不思議ではありません。

丸山大輔容疑者プロフィール

丸山大輔顔画像

名前:丸山大輔(まるやまだいすけ)
年齢:歳(1974年8月11日生)
住所:長野県塩尻市大字塩尻町140番地
職業:長野県議会議員、笑亀酒造株式会社 代表取締役会長
血液型:Rh-O型
家族:母、子供2人(中学生と小学生)
容疑:殺人の疑い
好きな酒:味のある酒。個性や主張があって力の強い酒。
座右の銘:酒に飲まれろ

追記|丸山大輔 妻と揉めていた「不倫、離婚トラブル」

夫が議員になってから、会社の経営を切り盛りしていた妻の希美さん。

明るく気さくな性格で近所でも評判が良かったそうですが、友人に悩みを打ち明けていました。

信濃毎日新聞の取材で、希美さんは友人に丸山容疑者の不倫相手について相談していたといいます。事件前、不倫をめぐり離婚話も出ていたそう。

相手女性は「お話しできることは何もない」と取材に答えています。他にも複数の女性とうわさがあったようですが...

議員会館でアリバイを作り計画的犯行に及んだ可能性もあるのではないでしょうか?

丸山大輔|事件当日のアリバイ「議員会館と自宅は1時間程度の距離」

事件当日の丸山大輔容疑者は長野県議会の会期中だったため長野市の議員会館に宿泊していたと報道されていました。

長野県議会会期

丸山大輔県議会

28日夜は同僚議員らと飲食店で飲酒し、午後9時ごろに丸山容疑者は「あした一般質問があるので失礼します」と議員会館に帰って行ったと関係者が話しています。

丸山容疑者の奥さんの死亡推定時刻は29日の未明となっていますが、長野市にある県議会館から自宅までは車で約1時間〜2時間弱の距離です。

会食が午後9時に終わり、議員会館で午後11時半に目撃されていいるとのことですが、夜中の犯行なら十分可能な距離でした。

捜査上で、事件前後に丸山容疑者がふだん使っている車の移動データから北信方面と中信方面を往復していたことと、自宅周辺などの複数の防犯カメラに写っていたということで逮捕につながりました。

高速道路や大きな幹線道路を使わなかったということですので、防犯カメラを避けて移動していた模様。

なお、事件の連絡を受けてか一般発言の取り消しを申し出ていました。

丸山大輔県議会取り消し

本日の本会議の録画中継をインターネットでご覧になれます。なお、丸山大輔議員から、発言通告の取り消しの申し出がありました。

丸山大輔容疑者|長野県議妻殺害事件「真相を知りたい」

2021年9月29日、長野県塩尻市の自宅で丸山希美さん(47)が首を絞められ殺害されました。

長野県議妻殺害事件インタビュー1

長野県議妻殺害事件インタビュー2

1階事務室の大型金庫近くであおむけに倒れているのを当時中学生の長男が発見しています。

周辺は土足の後がありましたが、金品などの盗まれたものはありませんでした。

長野県議妻殺害事件インタビュー3

丸山大輔事件直後

「非常に残念な結果になってしまったと思っています」
事件直後の言葉としては、あまりにも他人事のようなセリフです。妻が殺害されたのに怒りや憤りといった感情は見受けられません。
これを見て、ネットでは夫の丸山議員が犯人なのでは?という憶測がたくさん飛び交っていました。

犯人が見つからないまま1年が経ち、希美さんの1周忌に夫で県議会議員の丸山大輔容疑者が取材に応じていました。

長野県議妻殺害事件インタビュー4

長野県議妻殺害事件インタビュー5

「犯人像が全くわからないので何とも言いようもないですし」
犯人像は一番良く知っているので何も言えませんね。

長野県議妻殺害事件インタビュー6

「怒りも湧きようがない状況だけど」
自分がやってますからね。

長野県議妻殺害事件インタビュー7

「何かしら自分がやってしまったことに罪悪感みたいなものがあるだろうから」
罪悪感を感じていての発言でしょうか?

長野県議妻殺害事件インタビュー8

「自分から出てきてくれればそれに越したことはない」

犯人が言うのだから出てくるはずないですよね。

長野県議妻殺害事件インタビュー9

「特にこどもたち元気でやってるので心配しないで大丈夫だよと言ってやりたいな」
いけしゃあしゃあと、よく言えますね。第一発見者は息子さんですよ?

長野県議妻殺害事件インタビュー10

「自分の中ではあまり区切りになってないかな」

長野県議妻殺害事件インタビュー11

「まだ操作が続いているということなので、一刻も早く何か手がかりが見つかって解決してほしいな」

見つかって解決してほしくなかったのでしょうが、見つかって逮捕されました。

しかし丸山議員は容疑を否認しているということです。

塩尻市塩尻町の店舗兼住宅で昨年9月、同市区選出の丸山大輔県議(48)の妻=当時(47)=が殺害された事件で、塩尻署の捜査本部は28日、殺人の疑いで丸山容疑者を逮捕した。

捜査本部は10月、任意で丸山県議から事情聴取。自宅を家宅捜索するなどしていた。

丸山容疑者は自民党県議団所属の2期目で、現在は県会総務企画警察委員長。自宅は明治時代から続く酒蔵「笑亀(しょうき)酒造」で、役員を務めている。事件から1年を前にした信濃毎日新聞の取材には「真相を知りたい」などと話していた。

殺害された妻の丸山希美(のぞみ)さんは昨年9月29日午前6時45分ごろ、自宅1階事務室であおむけに倒れているところを家族に発見され、その後死亡が確認された。司法解剖の結果、首を絞められたことによる窒息死と判明。捜査本部は100人を超える態勢で捜査していた。

引用元:信濃毎日新聞

コメント

タイトルとURLをコピーしました