事件

福島栄行顔画像「真夜中の呼び出しに苛立ち暴行」緑生苑傷害致死事件

2021年3月、名古屋市緑区の特別養護老人ホーム「緑生苑」をショートステイで利用した角谷(すみや)三枝子さん(81)の両足や背中、腰などを蹴るなどの暴行を加え死亡させた容疑で、元職員の福島栄行(ふくしまひでゆき)容疑者(34)が逮捕されました。

福島栄行容疑者の顔や暴行事件の経緯を調べていきます。

福島栄行容疑者の顔画像

hukusimahideyuki_top

hukusimahideyuki_kao1

hukusimahideyuki_zensin

報道されている顔は、まだ横顔しかありませんでしたが、黒髪短髪メガネのガッシリと言うよりは小太りという印象です。

見た目では暴力を振るうような感じは受けませんが、介護職員で力もあるでしょう。筋力も衰えた81歳の女性では殴られたら怪我をしないはずがありません。

名古屋緑生苑老人ホーム事件の経緯

事件の経緯をまとめると以下の通りです。

・福島容疑者は2008年4月から緑生苑に勤務

・2021年3月5日、角谷三枝子さん(81)がショートステイで緑生苑に入所

・夜勤の時間帯は角谷さんがいた3Fは福島容疑者が担当し、全フロア担当の職員1人と2人体制で対応

・角谷さんが使用していたベッドはセンサー付きで離れると音が鳴り職員が対応していた

・5日午後10時〜6日午前4時の間にセンサーは8回以上鳴っていた

・午前3時の時点では異変なし

・午前4時には足や頭に痛みを訴え歩けなくなっていた

・午前7時半、看護師が角谷さんの異変を確認。両足に内出血をしていた

・午前9時、角谷さんは「お兄ちゃんにたたかれた」「足が痛い頭が痛い」と会話ができる状態だったが救急搬送

・3月7日午後3時すぎ、搬送先の病院で外傷性ショックのため角谷さん死亡

・2022年6月、福島容疑者は自主退職

3時から4時のあいだに背中や腰、足を蹴り、両足を骨折させたことになります。こめかみや胸にも内出血があったということですので、全身に暴行を加えたのでしょう。

何度も真夜中にブザーがなることに苛立ち、大人しくさせようと暴力を振るったのでしょう。個室だったため誰にも見られなかったのだと思われます。

ベテラン職員であり同様のケースもあったと思われますが、他の方は大丈夫だったのでしょうか。余罪もありそうな気がします。

ショートステイでたまたま福島容疑者の階に入ってしまった角谷さん。ご本人、ご家族の無念と後悔は計り知れません。

追記|暴行を隠して「小学生並みの言い訳」福島容疑者

当然、上司から角谷さんに何があったのか?と聞かれると、足の内出血と歩けなくなっていたことに関して「介護中に角谷さんの足に自分の足が当たった」だの

暴力をうけてぐったりしているのは「何度もトイレとベッドを往復して疲れたのだと思った」などと、すっとぼけた言い訳をしていました。

流石に足がぶつかったくらいでは両足骨折したなんて誰が信じますか?どんだけ骨粗鬆症ですか。

同僚には、自分ではない他の男に「ポコポコたたかれたと言っていた」と話していたと言います。他の人に罪をなすりつけています。

レントゲン検査の結果、強い衝撃をうけて骨が擦れた状態「すぱっと切れたような骨折」だったとのこと。ポコポコどころか、ボコボコだったことが明らかになっています。

追記|福島ひでゆき容疑者プロフィール

名前:福島栄行(ふくしまひでゆき)

年齢:34歳

住所:愛知県名古屋市緑区鳥澄

職業:無職(元介護士)

事件現場「緑生苑」愛知県名古屋市緑区大高町上蝮池14

ryokuseien

Googleマップの口コミは2件ありましたが、4年前に★4つ、5ヶ月前に★1つ。両方ともコメントはありませんでした。

最近になって介護サービスが変わったのでしょうか?

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました